先週、長男が水疱瘡になりました。先週のオランダ(の中でも自分の住んでいるエリア)は、学校がお休みで、それこそ家族でスキーに出かけるようなお休み期間でしたが、うちは残念ながら自宅療養に。

実は休暇のスタート時は、次男が中耳炎に。終了時は長男が水疱瘡になったために、残念な1週間になってしまいました。

ところで、我が家はオランダでの生活一般は食事も含めて、基本的には大満足。特に食事については、最近はレストランのレベルも上がっているし、自炊すれば日本と変わらないクオリティ、かつ安くできます。何と言っても今やオランダは、世界第2位の農業大国ですし。

ちなみにですが、「オランダって食事はイマイチだよね〜」という人に、特に声を大にして言いたいのですが、「それは、あなたが美味しいところ知らないだけです」と言うこと。必ず満足してもらえるところにお連れしますので、オランダに来た時には連絡ください。笑。(つまり、そのくらい今は美味しいですよ!と言うことです)

で、今のところオランダでの生活で困っていることは、ほとんどないのですが、ちょっと困っていると言うか、戸惑っているのが医療。と言うか、病院なんです。

大人はともかく、特に子どもの病院には、まだ慣れていません。

 

■なんでもかんでもホームドクター

移住、特に家族での移住を考える際に、大事なポイントかな?と思うことに、移住先の医療があるかと思います。

オランダでは、日本と違って、まずは任意の保険に入った上で、ホームドクター(=ハウスアーツ=かかりつけ医)を決めます。

多分、住んでいる地域内で近いところに登録することになると思いますが、何かあったら、まずはそのホームドクターに相談。まずは何でも相談に乗ってくれます。

「まずは何でも相談に乗ってくれます」と言うと、安心感もあり、「おっいいね〜っ!」という感じですが、この「何でも」がポイントで、先週のウチの例でいくと、「中耳炎」「水疱瘡」はもちろん、「骨折」から「腹痛」まで、とにかくまずはホーム

■水疱瘡でも出席停止はナシ

で、実際、親は病院には一度も行っていないのですが、やっぱり子どもは何度か行っています。が、いまだにホームドクターには会えていません。というのは、担当のホームドクターが24時間7日勤務な訳もなく、うちが行く時には、たまたまいつも違ったドクターに。同じハウスアーツ内だし、それは全然良いのですが。。。

うちは日本にいる時から、特に子どもにはできるだけ薬を使わずに生活してきたのですが、今では、日本古来のおばあちゃんの知恵的なことから、レメディー(結構、ヨーロッパは進んでいる?)から、ハーブから、とにかく薬を使わない手

付け加えると、自分が住んでいるユトレヒトは、ノーベル賞受賞者を12名も輩出している名門ユトレヒト大学がありまして、そこの大学病院や、医学部は世界トップランクであります。さらにユトレヒトは医療系のスタートアップなどにも特に力を入れているエリアです。

残念ながら、あまりその恩恵は感じていません…。あ、安心感はあるかな。。。笑。

カムシェルフ可動 460×1220×H890 4段 ソリッド代引き不可 サービスワゴン キッチンワゴン キッチンカート

清水焼京焼 染付魚紋入隅角小鉢 〔清風与平〕 清水焼京焼
着用兜収納飾り 金巻龍兜25号平飾り 収納タイプ 兜飾り 着用兜飾り 五月人形 2016年度新作 節句人形 こどもの日

カイスイマレン ゴミ箱 ジャンボメッシュ ST2450 ST2450 においのこもらないメッシュタイプです。
こどもの日 着用兜収納飾り 兜飾り 着用兜飾り 節句人形 2016年度新作 五月人形 金巻龍兜25号平飾り 収納タイプ